彼氏持ち 脈あり 診断 33, No Good 英語 7, ロックナット外し 業者 大阪 7, Catalina 32bit アプリ 動かす 6, 敷布団カバー 作り方 ゴム 5, Nikon Fm3a 修理 23, 停電 ドライヤーの 代わり 20, 月野うさぎ 逆行 小説 9, " />

サッカー ディフェンス ステップ 4

キーワード:コントロールディフェンスボールを奪う本田泰人相手の隙をつくタイミング身体が小さい間合い鹿島アントラーズ, ディフェンスをするとき、いつも足が速い選手にドリブルで抜かれて、悔しい思いをしていませんか? 体の大きな相手からボールを奪うのを、あきらめていませんか?, 現役時代には鹿島アントラーズのボランチとしてプレーした本田泰人さん。166センチと小柄ながら、ビスマルクやストイコビッチといった世界的な名選手から、たくさんのボールを奪い続けました。 小さくてもボールは奪える。足が速くなくても、ボールは奪える。現在はサッカー指導者として活躍する本田さんに、『ボールを奪う技術』を伝授してもらいましょう。, 1対1のディフェンスに自信を持つ本田さんは、相手チームの攻撃的な選手から嫌がられる存在でした。たとえばヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に所属していたビスマルクは、1997年に鹿島へ移籍しましたが、その理由の一つとして、「本田とチームメートになれば対戦しなくて済む」と考えたそうです。それほど相手を困らせる選手でした。, 「間合いのコントロールは重要だと思う。僕がなぜ、相手に嫌がられていたかといえば、普通のディフェンスの選手より、距離が近いから。間合いを詰めて、接近戦を仕掛けるからです」, 1対1の間合いが近くなれば、相手はいつボールを突っつかれるかと焦り、目線も下がって広い視野を確保しづらくなります。接近戦により、相手にプレッシャーを与えることができるというわけです。, 「"よくそんな間合いでいられるな"と、ジーコやコーチにも言われました。自信がなければここまで間合いを近くにはできない、と。相手は嫌がって、僕をかわそうとして遠くにボールを持って行こうとしますね」. 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. かつてブンデスリーガの名門1.FCケルンで育成部長を務め、ケルン体育大学で指導者養成、ドイツサッカー協会のU9、U10、U11、U15の育成プログラムを作成。ポドルスキなど、多数のブンデスリーガを輩出。親日家としても知られており、毎年日本でトレーニングキャンプ等を実施している。クラウス氏監修、日本人向け指導DVD「モダンフットボール」(http://www.e-3shop.com/modern_football/), クラウス・パブスト氏のセミナー動画を含む、全120本以上が月額980円で見放題!詳しくはこちら, 11.09.2020 「怒り」は絶対悪ではない?自身の感情と正しく向き合う方法/選手が伸び伸びとプレーできる環境作り, 07.24.2017 足が速くなるための計算式は「ストライド×ピッチ」/サッカー日本代表やプロ野球選手も取り入れる正しい走り方. フリーのサッカークリエイター。ドイツやオランダ、スペインなどでの取材活動豊富でライターのほか、ラジオパーソナリティー、サッカー指導、イベントプロデュース・運営も手がける。プレーヤー目線で試合を切り取ることを得意とし、著書は、『あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本』『イタリアに学ぶ ストライカー練習メニュー100 』『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』『サッカー守備DF&GK練習メニュー100』『サイドアタッカー』 『セットプレー戦術120』など多数。, 「コントロール・オリエンタード」を身につけるトレーニング【グローバル・メソッドの指導実践④】, 相手にプレスをかける適切なタイミングとは?/大宮アルディージャU12のグループで連動する守備の強化方法, ディフェンス時の「腰落とせ」は間違い。相手の素早い切り替えしについていける正しい守備の姿勢とは, 主体的なチャレンジを後押しするのも信頼関係があってこそ。子どもの成長力を高めるただ一つの方法, 相手をつかんでまで止める、競り合いで負けると「死ね」と暴言を吐く子、どう指導すればいい?, 「速いだけだな」などメンタル削る、ワンマン指導者、チーム内いじめなど読者の悩みにサカイクコーチが回答【オンライン座談会】, ボールホルダーの選択肢を狭めるプレスのかけ方/ジュニア年代から理解しておきたい守備の基本トレーニング, パフォーマンスを上げる時に気を付けたい「悪い癖をつけるトレーニング」になっていませんか?, 保護者のキャラも見られている! 川崎フロンターレのスカウト担当が語る「いい選手」の保護者の特徴, サッカーノートの書き方が分からない子、初心者もスラスラ書けるサカイクサッカーノートの使い方, マークを受け渡して集団でボールを奪う方法/ジュニア年代から理解しておきたい守備の基本トレーニング, 中村憲剛選手もサカイクキャンプの考え方に共感! 一流選手に必要な「考える力」を育む一歩, サッカーがうまくなる一番の方法が、技術指導ではなく人間性を磨くことだと教えてくれる記事7選, お子様の疲れが気になるなら!10歳~15歳のジュニアアスポーツ専用サプリ「キレキレ」. 我が家の教育理念はこちら 「ゴールデンエイジ教育論」 やみくもに戦っても、サッカーは勝てません。8人制サッカーの「勝てる」戦術を学びましょう。 元鹿島アントラーズのdf、本田泰人さんが教える、小柄でも大きい選手からボールを奪える守備のコツ。ドリブルする相手との間合い、距離を詰めるディフェンスの方法、ステップの切替え、相手の隙をつくタイミングなど、身体が小さくても戦えるポイントを伝授 もう何度となく書いたけど。いまだにできていないので、ディフェンスの基礎をおさらい。サッカーやフットサルでよく注意されるのが、「ディフェンスが軽い」とか「飛び込むな」「足を出すな」というヤツ。慣れないうちは何度も言われる。けれど、なかなか意味がわからない。 基本として体の入れ方と使い方をご紹介していきます。, ディフェンスをする上でおさえておきたいのがポジショニングです。ポジショニングとはディフェンス時の姿勢・位置を意味し、サッカーにおいてこれらをおさえているか否かで、ボールを奪えるか否かに繋がります。このポジショニングは、次の段階の体の入れ方にも関わってくる重要なキーワードになります。, ディフェンスで相手と1対1で対峙した場合の姿勢ですが、相手ゴールに向かって右サイドで対峙した場合は、右サイドへ誘い込むことがディフェンスのセオリーになるので左足をやや前に出します。逆に左サイドで対峙した場合は、左サイドへ誘い込むのがディフェエンスのセオリーになるので右足をやや前に出します。, サッカーディフェンスにおいて1対1でのディフェンダーの姿勢は、基本的に軽く膝を曲げ、上体は前かがみにならないように注意します。守り方として、, サッカーディフェンスにおいて、ボールを奪えば攻撃時間が長くなり、逆にボールを奪えなければ終始相手チームに攻撃されることを意味します。攻撃時間が長ければチームは強くなるわけです。, サッカーディフェンスの基本として、1対1で直接ボールにチャレンジして自分の体が攻撃姿勢でボールを奪うことができればカウンターにも繋げることができるので最良な奪い方といえます。ではこの直接ボールにチャレンジする場面はどのような場面が適切なのでしょうか?, バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。, パルクール練習方法を、瞬発系、反応系に分けて、瞬発力が必要な理由、反応力が必要な理由、そしてその2つの能力をどの様に向上させればいいのか、などを、初心者から中級者のパルクール実施者に向けて、詳しく紹介していきます!, ブラジルの多くの選手が身に着けているジンガステップは、サンバのような華麗なステップを用いてディフェンスを抜き去るドリブルテクニックに応用されています。つまり、ジンガを練習すれば足元の技術向上に役立ちます。足元の技術向上を目指すための練習方法として、今ジンガが注目を集めています。, バレーボールのレシーブの基本の構えは、腰を正しく落とすことです。レシーブが上手くなるためには「ボールの正面に入る」という簡単なコツがあり、今回はレシーブが上手くなる方法などを解説していきます。コツを押さえた練習をして、効果的にレシーブを上達させていきましょう。, サッカーの1対1の局面はオフェンスが有利というのが一般的な考え方ですが、ディフェンスは抜かれないようにし、ボールを奪うためにできることは多々あります。今回はディフェンスの優先順位、相手のタイプ、自分の特徴、6対4の原則、フェイントの5つのディフェンスのコツを紹介します。, Activeる! Copyright © 2020 E-3 Inc. all rights reserved. サッカーのジュニア年代で「1対1のディフェンスが弱い」という話をよく聞きます。そこで「体が小さく、フィジカルが弱いから」というような理由を耳にしますが、はたして正しいのでしょうか? それは"ディフェンスとは、攻撃である"ということです。なぜなら、攻撃は相手のボールを奪った瞬間から始まるからです」 クラウス氏のサッカースクールでは「習得すべき基本的な技術」を4つに分けてい … 「怒り」は絶対悪ではない?自身の感情と正しく向き合う方法/選手が伸び伸びとプレーできる環境作り, 足が速くなるための計算式は「ストライド×ピッチ」/サッカー日本代表やプロ野球選手も取り入れる正しい走り方. 今回はサッカーディフェンスの基本として体の入れ方と使い方をご紹介していきます。 copyright(c) 2010-2020 E-3 Inc. all rights reserved. (取材・文 鈴木智之), クラウス・パブスト氏のセミナー動画を、 COACH UNITED ACADEMYで公開中!, クラウス氏のサッカースクールでは「習得すべき基本的な技術」を4つに分けている。それが、ドリブル、パス、ボールコントロール、そしてディフェンスだ。これらをボールプラクティスやシュート練習、ミニゲームなどを通じて、U8からU17までの選手達に身につけさせていく。, 「子どもたちに"アグレッシブに守備をしよう"と言うと、乱暴に体をぶつけることが多いのも事実です。そのため、我々指導者はアグレッシブにプレーするとはどういうことかを伝え、どのように身体を使えばいいか、どのようにして相手からボールを奪うのかを伝えなくてはいけません。このときに、あまりあれこれ言わず、できるだけシンプルに伝えることがポイントです」, 試合中、1対1や2対1、3対3、1対2など、数的優位、同数、数的不利などの状況によって、ボールを奪う際のアプローチの仕方が変わってくる。クラウス氏はその際に大切なのが「ボールを中心に考えて、アプローチをすること」だと言う。, 「なぜならば、ボールこそがサッカーにおいて重要だからです。たとえば2対1と数的優位の場合、一人がボール保持者に強くプレスをかけて、もう一人がボールを取りに行く準備をします。一人目がプレッシャーをかけて相手がミスしたところで、二人目の選手が奪うのです。数的優位の場合、必ずしも一人目の選手がボールを奪わなければいけないわけではありません」, 「まずはボールに近い選手がプレッシャーをかけて、二人目の選手はカバーに入ります。このとき一人目の選手は、必ずしも厳しいプレッシャーをかける必要はありません。しかし、決して下がることなく、前へとボールを取りにいきます」, 選手が単独でボールを奪いに行くより、複数で行くほうが、奪う確率は上がる。「一人目の選手より、後方にいる二人目の選手のほうが、ボール周辺の状況はよく見えています。そのため、選手同士が会話をしてコミュニケーションをとることが重要です。指導者は、選手同士でどんな会話をしているかを、注意深く観察してください。」, そして1対2などの数的不利の場合。カウンターアタックを受ける局面などに、陥りやすい状況だ。ここでクラウス氏は「なるべく速く、ボール保持者にプレッシャーをかけに行く必要がありますが、目的はボールを取りに行くのではなく、相手の攻撃を遅らせることにあります。それは、チームメイトが戻って守備に加担する時間を作るためです」と、考えを述べる。, 数的優位、同数、不利と3つの状況で、基本となる動き方をレクチャーした後、実際に順を追って、どのように指導するのか。クラウス氏はパワーポイントを使って、「ボールを奪うための4つの段階」を説明する。, ボールを奪うための4つの段階、1つ目が「相手に近づく」ことだ。攻撃側がボールをコントロールした瞬間、守備側はすぐにボールを奪うためのアプローチをする必要がある。そして2つ目が、ボールを持った選手に対してプレッシャーをかけること。3つ目は相手に対してアタックすること。受け身にならず、自分からアタックすることがポイントとなる。現代サッカーは「チャレンジ&カバー」ではなく、「チャレンジ&チャレンジ」といった具合に、アグレッシブにボールを奪うプレーが連続して行われているのだ。, 「サッカーはボールを奪った瞬間に攻撃が始まります。そのため、選手達には奪ったボールを確実にキープしようと伝えます。練習でも、ボールを奪って終わりではなく、次につなげる、あるいはキープするところまでをセットにして行います」, つづいては、グラウンドに出て「守備」をテーマにしたクラウス氏のコーチングセッションが始まる。次回の記事では、トレーニングの詳細を紹介したい。クラウス氏の講義をご覧になりたい方は、COACH UNITED ACADEMYの動画をご覧頂ければと思う。W杯王者ドイツの考えに触れることで、きっと新たな発見があるはずだ。, クラウス・パブスト

彼氏持ち 脈あり 診断 33, No Good 英語 7, ロックナット外し 業者 大阪 7, Catalina 32bit アプリ 動かす 6, 敷布団カバー 作り方 ゴム 5, Nikon Fm3a 修理 23, 停電 ドライヤーの 代わり 20, 月野うさぎ 逆行 小説 9,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

× Speak to us now