ドラクエ ウォーク 有吉 引退 34, 豊島園 アフリカ館 事故 23, B'z バンドスコア ダイナソー 4, ボニータ 歌詞 Bim 11, 早稲田 ボート部 寮 5, 音頭 @ フリー音源 5, ロイヤルカナン 猫 満腹感サポート Clt 10, Tig 溶接棒 太さ 8, 工学部 学科 2ch 14, Wallpaper Engine Fps 4, ジュニアユース 神奈川 ランキング 9, マイクラ 蜂の巣 焚き火 17, Mio 意味 スペイン語 5, 割り算 筆算 やり方 10, " />

ドラえもん 宇宙船 道具 5

ドラえもん ひみつ道具完全大図鑑 様々な媒体(原作漫画、学習漫画、アニメ、映画など)の「ドラえもん」に登場したひみつ道具を完全に紹介していくサイトです。 ドラえもんのひみつ道具 (うあ-うと) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「うあ」で始まるものから「うと」で始まるものまでを列挙する。, ウエスタンゲームは、「ガンファイターのび太」(てんとう虫コミックス24巻に収録)に登場する。, 未来の立体シューティングゲーム。アメリカ西部の建物を模したミニチュアで、2丁拳銃を撃ってその建物の陰から弾を撃ってくるガンマンの人形を倒す。現代にもあるおもちゃのシューティングゲームと変わらない物のようである。パーフェクトは3万点で、のび太はそれを達成した。, テレビアニメ第2作第2期(2018年1月12日放送)では、ジオラマ風になっており、テンガロンハットを被る事で小さくなり、ガンマン気分でシューティングゲームを味わう事が出来る。, ウォータークリーンシップは、「酒の泳ぐ川」(てんとう虫コミックス36巻に収録)に登場する。, 作中では、淡水である河川に使用している。『ドラえもん』派生作品の『地球環境警備隊』(『小学五年生』1993年2月号別冊付録)収録「第一部 ドラえもん 地球SOS」では、海水の浄化にウォータークリーンシップではなくシーウォータークリーナーを使用する描写がある。, テレビ朝日版第2期第314話では、ウォータークリーンシップが川底を掃除している間、ドラえもんとのび太も河原の掃除を行い、ウォータークリーンシップが途中で壊れてしまった後、2人はテキオー灯を浴びて、川底を掃除する展開も描かれた。, うき水ガス(うきみずガス)は、「雲の中のプール」(てんとう虫コミックス14巻に収録)、「ひるねは天国で」(同34巻に収録)、『ドラえもん のび太と雲の王国』に登場する。, 消火器のような道具に入ったガス。これを空の雲に吹き付けると、雲がその形を崩さずに空に浮かんだまま液体の水になる。いわば空に浮かんだプールのような状態になり、雲の上で水泳などを楽しむことができる。ただし、溺れた者や水に沈む物は雲の底を抜けて地上に転落してしまう危険性がある。また、雷雲に使うと身体が痺れてしまい、感電死する恐れがある。, 「ひるねは天国で」や『ドラえもん のび太と雲の王国』では、雲かためガスで固めた雲の上に川や泉を作るために使用している。, うきわパイプとタバコは、「うきわパイプ」(てんとう虫コミックス45巻に収録)に登場する。, 浮き輪とパイプがセットになった道具。パイプを吸って息を吐くと浮き輪型になった煙が出、それを空で使うと絶対に溺れずに泳ぎの練習ができる。, ただし、パイプは本物と同じなので何度も吸っているとむせてしまう。また日本の法律上、未成年はこの道具を使うことができない(作中ではのび助に使用させている)。, ウソ800(ウソエイトオーオー)は、「帰ってきたドラえもん」(てんとう虫コミックス7巻に収録)に登場する。, フラスコに入った飲み薬で、この薬を飲んだ人間の言ったことをすべて嘘とさせ、そのため言ったことと反対のことを現実に起こすことができる道具。たとえば「今日はいい天気だ」と口にすればどしゃぶりの雨が降り、「はげしい雨がふってきた」と言えば、雨はやむ。言った内容を取り消すには「今のは全部本当」と言えばいい。有効時間は75分[1](言った内容は取り消さない限り永久に続く)。, フラスコはドラえもんを象った箱の中に取扱説明書と共に収められていた。この箱は、未来へ帰らなければならなくなったドラえもんが「ぼくが帰った後、どうしても我慢できないことがあったらこの箱を開けてごらん。そのとき君(のび太)に必要な物が出てくる」と言って残していってくれた「この箱自体が道具を取り寄せる道具[2]」で、それを使用した結果、ウソ800が出てくることとなった。, この薬を飲んだのび太はエイプリルフールにかこつけて「ドラえもんを見かけた」という嘘を付いたジャイアンとスネ夫に仕返しを行い、雨でずぶ濡れにさせた後、スネ夫に対しては「君は犬にかまれない」と言って犬に追わせ、ジャイアンには「母親に褒められる」と言って母親に叱らせた。その直後、帰宅したのび太に玉子が「ドラちゃんはいたの?」と問いかけ、のび太が「ドラえもんはもう帰って来ない」と寂しさまぎれに本音の独り言をこぼしたことで、二度と会えないといって未来へ帰ったドラえもんの話は嘘になり、ドラえもんは再びのび太の元に来ることとなった。, 川崎市、藤子・F・不二雄ミュージアム内のカフェのメニューの一つとなっており、ドリンクとして飲むことができる。, うそつ機(うそつき)は、「うそつ機」(てんとう虫コミックス3巻に収録)に登場する。, 鳥のくちばしを模した形状の道具。これを装着して嘘をつくと、聞いた者はどんなにムチャクチャな内容でも無条件に信じてしまう。嘘をつく相手は人間だけでなく、動物にでも可能である。, 作中ではエイプリルフールにてのび太がスネ夫とジャイアンを騙す為に使用した。しかし効果時間は思いのほか長く、最初に「自分がのび太である」と騙されたママがのび太帰宅後ものび太として振る舞い続けていた。テレビアニメ第2作第1期ではそこまでは長くなく、実はそれより前に元に戻っており、ママがまだ効果が切れていないフリをしてのび太を騙し返していたという更なるオチが追加されている。, 「ソノウソホント」と外見が酷似している。「ソノウソホント」との違いは、「うそつ機」の場合「真実の旗印」同様にあくまで嘘は嘘のままであるのに対し、「ソノウソホント」は「アトカラホント(アトカラホントスピーカー)」と同様に嘘が現実になる。, 声 - 藤田安男(1979.8)→中田譲治(2011.12)→真殿光昭(2018.8), うそつきかがみは、「うそつきかがみ」(てんとう虫コミックス2巻に収録)に登場する。, 『白雪姫』の物語に出てくる、魔女の「この世で一番美しいのはだあれ」という質問に答える鏡に似た鏡。, 自分の意志を持つ道具であり人語を話すが、その名のとおり発する言葉は全て嘘で、鏡面には鏡を前にする人間の極端に美化した姿を映し出して鏡の虜にさせる。鏡を見た人間は、鏡の映し出す美化した自分の姿にたちまち酔ってしまい、タバコや覚醒剤のように依存してしまう。鏡は自分に夢中になった人間にデタラメのアドバイスをしてメイクをさせ、まるで福笑いのような変な顔にさせ、くだらないイタズラで人間を騙しては喜んでいる。, ただし自意識を持つという性質上、持ち主の対応次第で改心させることも可能であり、ドラえもんは「割ってやる」と脅かすことで反省させ、以後鏡はそれまでとはあべこべに鏡を前にする人間を極端に崩れた顔に映すようになった。, 映した姿を美化する機能は後世に実用化された写真加工アプリに通じる物があるが、おだてて変な顔にさせる機能の方はどのような目的で使われるのかは不明。, うそ発見器(うそはっけんき)は、「プロポーズ作戦」(てんとう虫コミックス1巻に収録)に登場する。, 肩から提げるラジカセのような機械と、それにコードで繋がれたマイクのようなセンサーで構成される道具。嘘をついているかどうかを確かめたい対象者にこのセンサーをかざすことで使用するようだが、詳細は不明。第2期「のび太のプロポーズ作戦」(2009年5月22日放送)では、相手の言葉をマイクで拾うと、合っている場合は「ピンポン」という効果音と共に○となっていた。, うちでのデパートは、「うちでのデパート」(てんとう虫コミックス23巻に収録)に登場する。, 十円玉を入れて欲しいものを言いながら振ると、どんな商品でもミニチュアサイズだが本物が出てくる。専用の眼鏡をかけると実物大に見えるようになるが、あくまで見かけだけで実態は大きくなっておらず、眼鏡をかけていない人間からはミニチュアにしか見えない。, 宇宙カプセルは、『ドラえもん のび太と銀河超特急』と『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』に登場する。, 飲むと真空や低温・高温、その他どんな環境の中でも快適に過ごすことが出来る。「テキオー灯」の錠剤版とも言える道具。更にこれを飲んだ状態で眠ると、一分間の睡眠につき一時間眠ったのと同じ睡眠効果を得られる。, 宇宙完全大百科端末機(うちゅうかんぜんだいひゃっかたんまつき)は、「宇宙完全大百科」(てんとう虫コミックス42巻に収録)、『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』および『ドラえもん のび太と雲の王国』に登場する。, この宇宙のありとあらゆる情報が網羅された『宇宙完全大百科』に接続し、内容を検索できるという端末。宇宙完全大百科とはアカシックレコードのような存在で、過去〜現在〜未来まで宇宙のあらゆる情報を詰め込んだメモリーバンクであり、その容量の膨大さゆえに大きさが惑星ほどのサイズにまで膨れあがっている。あまりの大きさのため宇宙空間に人工衛星のように浮かべてあり、利用者は地上から端末を使ってマイクに探したい項目を吹き込んで利用することになる。端末は百科事典を模した形をしており、ノートPCのように横に寝かせて辞典を開いて使用する。調べたい項目を入力する際は詳細に吹き込むのが基本だが、大まかに吹き込んだとしても使用者が求める情報を的確に提示してくれる[3]。, この事典は、何でもない普通の小学校の一学級の宿題(解答含む)や草野球の試合結果(決定的写真付き)のような非常に瑣末な情報、言葉の辞書的な定義から、特定の個人の情報(ハールーン・アッ=ラシードのような著名人のほか野比のび太のような一般人も含む)まで、まさにありとあらゆる情報が収められている。, 宇宙救命ボート(うちゅうきゅうめいボート)は、「行け! 地中に穴を掘って好きな所に行ける。先端にドリルが付いていて、操縦席はガラス張りで装軌式。強力エンジン15000ZSE-X搭載で、実際に使用されているシールド掘削機と比べ物にならない位、掘るスピードが速い。運転は、まずハンドルを握ってスイッチを押す。右のフットペダルがアクセル、左がブレーキになっていて、アクセルを踏むと走り出す。危険なものはセンサーで避け、光子エンジンなので音も静かで快適。そして宇宙船なみの気密性、防水性がある。中は2人位乗れる。, この鏡の中に入ると、世界があべこべになっている。世界は左右対称。住んでいる人達もあべこべで、のび太は強く、ジャイアンは弱くなっている。, この道具は未来の世界で宇宙空間を運行する鉄道の乗車券で、切符にはさみを入れると、どこにいてもすぐに天の川鉄道のSL型の宇宙船が迎えに来てくれる。「地球→ハテノ星雲」などがある。ワープもできる。天の川鉄道は銀河中にネットワークを張り巡らせていたが、どこでもドアが発明されると、一瞬で移動される利便性に太刀打ちできず、天の川鉄道は2111年9月3日で廃止となった。ドラえもんが持っていた切符も廃止記念で購入した最終便だった。廃止後は時々観光用にSLが運転される事があり、それを題材にしたのが大長編「のび太と銀河超特急」。22世紀では、ミステリートレインがブームとなり、3日並ばないとチケットが手に入らない程の人気。コミックスでのび太達が乗車した列車はオンボロメダ発、ハテノ星雲行きの列車で地球を20時07分に学校の裏山から乗車した。内部は圧縮空間となっており、中は広く、個室も充実している。, もし地球が爆発するようなことがあっても、このボートで宇宙に安全に逃げ出して、ボタンひとつで人間が住める星に全自動で連れて行ってくれる。または、宇宙にあるたくさんの星の中から人間が住める環境の星をランダムに選び出し、辿り着くことができる。探知ユニットにモノを入れると、自動的にそのモノが生まれた星を探し出し、連れて行ってくれる。, この靴を履いて絵本の上に乗ると、絵本のお話の世界に入る事ができる。お話を変える事もできる。絵本をバラバラにしたり、他の絵本とページをめちゃくちゃに重ねたりすると、絵本の中の世界もめちゃくちゃになる。映画「のび太のドラビアンナイト」では、実話を元にした絵本の中に入った結果、現実世界に出てしまった。, このプレートを使うと、上がった高さに床ができ、自由に歩ける。見付からなくなった時は、リモコンを使えば呼び戻す事ができる。, このボタンを押すと、エレベーターのようにどの高さにでも上がれる。上がった後、その高さを歩くことができる。, この電話で「もしもし」と言えば、相手の所へ直接移動できる電話。電話の口から出入りする。, 大航海時代の帆船の形をしているが、実は高性能エンジンがついていて、高速で進むことができる。, この提灯の光を浴びると、浴びた人物の形をした影法師が出現する。単なる影法師ではなく、武術が得意になるという特徴があり、22世紀の世界ではボディガードの役目を果たしている。ただし、15分間が経過すると自然に消えてしまう。, 風に乗って空を飛ぶヨット。スピード調節棒でスピードの調節もできる。いかりを下ろしてヨットを停泊させることもできる。, ゼンマイで動く地面に潜る潜地艦。ゼンマイを500m毎に巻かなければ止まってしまう。切れそうになると、ゼンマイ切れ警報が鳴る。おもちゃなので魚雷は装備していない。, 乗りたい虫に、体が小さくなって乗る事ができる。まず乗り込み用タラップに登り、乗りたい虫が近くを飛んだら右横にあるボタンを押すと、虫が格納庫に誘い込まれるように入り、同時に足下が穴が開き、落っこちる。体を小さくするガリバーユニットを通過し、虫に乗り込むことができる。乗ったら『, 魚を動力にして進むボート。先端から吊るされた糸の先にエサが付いていて、それを目当てに集まった魚をボート下の網で引っ掛け、前へ進む動力を得る。, この道具に登録した人が未来で手に入れたものを30分間だけレンタルする(取り出す)ことができる。まずこの道具の上に手のひらを置くと、手から人を照合して顔写真と名前が表示され認識する。そしてその人が未来で手に入れることが予想されるものの中で取り出したいものを「○○を先取りレンタル」と言って赤いボタンを押すと、道具から出てくる。30分経つと消える。未来では取り出されている間は過去に移動しているので消えてしまう。なお、本人が未来で所有していないものを取り出そうとすると、「未来の持ち物に該当品なし レンタルできませんでした。」と表示される。, 22世紀の空想動物サファリパークの乗り物。園内はこれを使って移動する。時間移動ができ、現代から瞬時に入場できる。3人乗り。, 子供でも飛べる、未来の遊園地に置いてあるおもちゃの飛行機。ペダルを漕ぐだけで飛び上がる。ハンドルには小さな画面が付いており、コントロールタワーと映像でやり取りができる。, ダイヤルを動かすと、写真の周囲の風景を映し出すことができる。また、写真の中に入り込むこともできる。, A、Bの2つが組み合わされた磁石。Aに付いているボタンを押すと磁波が働いて一瞬でBの場所に戻る。A(+)には瞬間空間移動装置、B(-)には引き寄せ磁波発生装置が内蔵されている。100m以内ならどこでも使える。, カッターの刃で近くの壁に切り込みを入れ、行きたい場所を言うと、今いる場所から目的地へつながる空間を瞬時に作ることができる。一ヶ所空間を作るごとに、刃が一枚消える。, 深海探検の気分を味わうだけの200円のペーパークラフト。本物はデラックスタイプで110033円、一番安い普及型で50015円する。ハサミで切り抜いて『, スイッチを入れて好きなチャンネルを選ぶと、その番組の中に入り込んで番組を実体験することができる。, 冷凍車、郵便車、救急車、ショベルカー、ダンプカー、清掃車など色々な車が車庫に入っていて、車が動いて頼みを聞いてくれる。例えば冷凍車にお金を入れてアイスを頼むと、自動操縦装置が働いてどこかへ行って買ってきてくれる。シミュレータもあり、これは車から見た映像を大画面スクリーンで映し出し、ハンドルやアクセル・ブレーキを操作しながらミニカーを運転できる。後部座席もあり、振動も座席に直接伝わる。ミニカーは丈夫で、壁に当たっても壊れない。ミニカーがいる場所まで行きたい場合は、『, 昔に戻って、もう一度新しく生き直せる機械。現在の頭脳、体力、記憶、能力などは戻らない。, ブーメランのタイマーをセットしてコントローラーで行きたい場所を決めると、そこへ行ける。セットされた時間が経つと元の場所に戻る。コントローラーのボタンは左から順に、南北方向、東西方向、高度、スタートとなっている。, このズボンをはくと、心に思った通りに走る。オールラウンドキャタピラで、どこでも走ることができる。自動ウエスト調節ベルトが付いていて、誰でもはける。大砲はダミー。, 水から水へ、瞬間的にジャンプする潜水艦。ジャンプを繰り返せばどこへでも行ける。潜水艦のボディーはセンサーになっていて、自動伸縮機が計算し、周りの広さに合わせて伸び縮みする。コックピットに乗りこみメインスイッチを入れると、水分探知レーダーが近くの水を探し、水分ジャイロコンパスがその方向を指す。進路設定方向指示器にランプが点くと、ジャンプOKの合図。ちなみにこの潜水艦には、耐熱装置は付いていない。, 「飛ぶ」「上がる」「浮かぶ」などの言葉を聞くと、飛び上がる絨毯。コントロールが全然効かないので、22世紀では発売中止になった。, 目的地を言うと、どんな所へでも飛んで行ってくれる絨毯。超高速スピードで空を飛ぶことができる。, 空を飛べる道具がミニサイズとなった、熱気球・ハングライダー・スカイダイビングの3点セット。これさえあれば空の散歩は自由自在。ハングライダーは片手で操作でき、非常用のパラシュート付き。熱気球は火をつければ勢いよく上昇する。スカイダイビングは登場していない。, ダイヤルを目的地の時代に合わせてからトンネルをくぐると、その時代へ時間移動できる。試供品はビニールでできていて、1度使うと破けてしぼんでしまう。製品版は強化プラスチック製。, 西暦2008年に発明。のび太の部屋の机のひき出しの中にある。過去や未来へ自由に行く事ができる時間移動と、場所も自由に移動できる空間移動のふたつの機能が付いた乗り物。年代選択ボタンで行きたい時代を選ぶ。すると、タイムセンサーが動きだして目的地を確認。コックピットの右の発進レバーを手前に引くと発進、左のスピードレバーを押すとスピードアップする。空間移動機能が故障すると、出発した地点(のび太の家の机のひき出しと重なる位置)へ置かなければ時間移動できなくなる。大長編「のび太の恐竜」では、ドラえもんとのび太達5人乗って定員オーバーとなり、墜落して故障したことがある(現在は全員乗ることが可能)。大長編「のび太とパラレル西遊記」では音声制御装置が付き、スピーカーに向かって年代と目的地や歴史上の人物名を言えば、自動的に連れて行ってくれた。その後、映画「のび太とロボット王国」では大幅に改造して時空間ナビが付き、ある人物や物などの年代もしくは次元に直接向かえるようになっている。ドラミが保有するものは『, ある時間から先の時間へ、一気に進ませる事ができる。分や年単位でレベル調節でき、回した分だけその時間が進む。カットした分はちゃんと過ごしているため、再びその時間を過ごす事はできないが、無茶な使い方をして壊れると使う前に戻る事もある。, 気軽に空を飛ぶ事が出来る道具。体のどこにでも取り付けられる。吸着の方法には万能吸着盤とけん引ビームの2種類がある。超小型の電池を内蔵。時速80kmで連続8時間の運転が可能。休み休み飛ぶと、電池も長持ちする。頭に付けてスイッチを入れると、反重力ボードと呼ばれるプロペラが回りだし、反重力場が体の周りにでき、地球の重力を遮断して浮上する。方向やスピードを思い浮かべるだけで、脳波がコンピューターに伝わり、プロペラの回る速度が変わっていく。その回転速度の変化によって重力場の方向が移動して、前後・左右・上下と自由自在に飛ぶ事が出来る。連載初期は「ヘリトンボ」と名付けられていたが、2度目のアニメ化の際、呼びにくいという事でこの名前へ改名された。, 地球と左右方向、男女性別などがあべこべとなっている惑星に登場する、ドラえもんに似たキャラクターが所有する道具。形はタケノコに似ている。頭頂部に設置してプロペラが回転するところまではタケコプターと同じだが、一瞬飛行した直後落下し、土に体が完全に埋まるというもの。本来の用途は不明。, タイムマシンの一種で、魂だけが体から抜け出して、昔の自分に移る事ができる。タイマーをセットしておけば、一定時間で元の体に戻る。魂が抜けている間は、息もせず動かない。, このロープに飛びつけば、ターザンのようにどこへでも移動できる。空中に放つと引っかかって浮遊する。, 時速1000km/hで地中を掘り進める事が出来る。前方にドリル、操縦席はガラス張りで装軌走行式。2人乗りで自動で運転してくれる。現在何mまで掘ったかを示す器具もある。地球のコアを通過しても耐えられる構造になっていて、防水性も高い。, この鏡の中に入ると、鏡に映ったのと同じ世界がある。鏡なのでこの世界は左右が逆になる。, 通り抜けたい所に当てると、どんな扉や壁でもフープをくぐって反対側へ抜けられる。次元を操作すると、通り抜けられなくしたり、全く違う所へ通じさせる事も出来る。壁に当てると自動的にスイッチが入り、空間原子分解装置が動き出し、そこから電波が出る。空間原子分解装置同士が電波で共鳴し合い、通り抜けられる物の原子を揺らして穴を開ける。ドラえもんが普段使っているのは1人が潜って通れる位の大きさだが、映画「ザ☆ドラえもんズ・怪盗ドラパン謎の挑戦状!」では、「通り抜けフープLLサイズ」というドラえもんズとドラパンの8体が余裕で同時に通れる大きさの物が登場している。, ちぎると空に浮かぶ紙。体に巻けば空も飛べる。たくさん巻く程空に浮き上がり、適量だと天女の羽衣のように空を自由に飛べる。のび太の体重で大体2m位あれば山道を楽に登れる。これで鶴を折って空を飛ばして楽しむ事もできる。, 四次元の光で、真っ直ぐな道路を作り出す機械。どんな物でも突き抜けてしまうが、重力は存在する。雨が降っても中までは届かない。目的地が移動すると、自動的に光も方向を変える。, 行きたい場所に的を置いておき、矢を体に結んで放つと、もの凄いスピードで的に飛んでいける。, 行き先が書かれている切符をふすまに貼り付けて開けると、その場所へ行くことができる。例えば、海水浴にいきたい場合は「海岸行き」を使う。, テレビに行きたい所を映すと、この大砲がその場所に送ってくれる。目的地は移動中の物でも届くが、外国までは届かない。, 行きたい所を頭に思い浮かべてドアを開くだけで、どこへでも行く事ができる。行き先受信ノブを握ると、頭に浮かべた行き先をノブ内蔵のコンピュータが読み取る。そして、宇宙地図の中から行き先を間違いなく探し出し、行き先の空間を歪曲装置が引っぱってきて、こちらの空間と向こうの空間がドアで接続される。ただし、10光年以上離れた星や、『, このペンで家の中に抜け穴を書くと、穴が家の外に通じ、入れば自動的に靴を履いて家の外に出られる。家の外で書くと、自動的に靴を脱いで家の中に入れる。線は勝手に消えないため、後から誰かが入ったり物を入れられたりする可能性がある。, 大きな靴の形をしていて、2つの穴に足を突っ込んでボタンを押せば、様々な乗り物に変身して、自由に移動できる。5つのボタンが付いていて、一番左が車、左から2番目がジェット機、真ん中がヘリコプター、右から2番目がモーターボート、一番右が潜水艦。体を前に倒すとスピードが上がる。, バットで叩けば叩くほどスピードが出る、空飛ぶボール。ショックに強いショック合金で覆われ、重力を少なくする装置、ショックを推進エネルギーに変える反動転換システム、慣性消去システムを搭載している。スイッチを入れると、いつバットで叩いても良い。ボールの周りに反動転換システムがあるので、どこを叩いても叩いた場所と反対の方向に進む。慣性消去システムで、コースを自由に変更することができる。, 誰もいない左右あべこべの鏡の世界に入れる鏡。ボタンを押すと相手の世界にもこの鏡が出現し、入り込んでスイッチを消せば、もう一方の世界の鏡が消える。この中の世界で起こった事は現実世界でも起こっている。鏡の世界の鏡には、現実世界が映っている。アニメだと「入り込みミラー2」になっている。, 自分の好きな景色をこの紙に描き、自分の書いた景色に自由に出入りすることができる。雨を描けば雨も降る。, 片付けたい物に向かって吹くと、何でもひとりでに山の中へ行ってしまう。行ったら二度と戻って来ない。笛を逆さに吹けば戻ってくる。, 行きたい場所を言いながらこれをそばにいる人にかけると、その人のくしゃみの力で目的地まで行ける。猫でも飛ぶが、力が弱いので遠くまで飛ばない。目的地を言わないと宛てもなく飛び回ってしまう。, 行きたい場所を言いながらこれをそばの人にかける。すると、その人のくしゃみの力で、目的地へ行ける。, 生活に変化をつけるために出した、簡単に引っ越す事ができる道具。まず、ミニハウスを飛ばして引っ越し先を探す。カメラレンズで送信された景色が、ボードのモニターに映る。それを見ながら、緯度、経度を操作し、適当な場所を見付けたら、ミニハウスを着陸させる。ミニハウスには瞬間移動装置が付いていて、ボードのボタンを押すだけで、家ごと引っ越せる。, チョークの太い方で書いた輪の中に入ると、明日に行ける。細い方だと昨日へ行くことができる。, 出た目の数だけ時間が戻るさいころ。大きい方はひとつの目で1時間、小さい方はひとつの目で1分間戻る。『, 自分がふろしきに包まれて、行きたい所まで運んでくれるふろしき。平らに敷いてこれに乗ると自動的に包まれて、ふろしきを見た人を誘い込んで持たせ、包まれている人の思い通りに運ばせられる。人間を持ち上げる程の力が必要で、持ち上げている人の意志は全て無視される。, これを噛むと体の中にガスができて、空気より軽くなるので、空を歩くことができる。この薬の成分は、飛行船などで使うヘリウムガスに似た性質があり、液体状だったものを固形化したもの。薬を口に入れて噛み砕くと、唾液と混ざってガスを発生する。そのガスは体全体に染み通り、細胞内に入り込む。このガスは空気より軽いので、体が浮かび上がる。, 「さくら」と書かれたマークを家の玄関に貼り、ハンドルを動かすと、家ごと四次元の世界に入ってどこにでも行ける。夜しか走れない。, これを取り付けたドアが、指定した場所のどこかに繋がり、すぐに目的地に行ける。繋がる先はドアではなく壁。場所を指定できるキーは12個あり、ひとつのキーでひとつの場所に対応している。使い方は、キーを外してそれぞれ裏に行きたい場所を書いて元の場所に差し込み、書いたボタンと赤いボタンを押してドアを開ければ、その場所に繋がる。白いボタンを押すと元のドアになる。『, これを魚の上に乗せて乗り込むと、本物の船に乗った気分になれる。完全防水なので潜水艦にもなる。, 見かけは立派な船だが、実はモーターボート。ボタンを押す事により、相手には当たらない「ほどほど大砲」が発射されたり、レースモードに切り替える事もできるが、故障すると実際に当たったりして程々ではなくなる。, 行きたいところに印を付けてくるまると、一瞬にしてその場所へ行ける。帰るときは裏返してくるまれば良い。2人乗り。虫眼鏡で見ないと細かすぎて見えない。地球以外の地図もある。, 指にはめて手を握ると、ピカッと光る。この光が当たると、誰でも10分間だけ味方になってくれる。, 大きさは全長およそ30cm~40cm程度のラジコンの潜水艦だが、自分が小さくなれば操縦する事も出来る。船体は本物の魚雷に攻撃されても耐えられる頑丈さを持ち、魚雷を装備していて、上空を不規則バラバラに飛んでいる飛行物体を確実に破壊する事も出来る。, 形や大きさは同じだが、馬力やスピードが段違いなチョコQ。ぜんまいひと巻きで40㎞は走る。『, 行きたい所へ的を置いて矢を放つと、そこまで連れて行ってくれる。弓で矢を引くと、まず矢のパワーバッテリーにエネルギーが入る。そして、矢にはプラス、的にはマイナスのスイッチが入る。矢を放つと同時に、両者は牽引ビームによって引き寄せられる。矢と的は、それぞれビーム波が違うので、同じ色同士のものでないと引き付け合わない。, リモコンの昇降ボタンを押すと、そのリモコンを持っている人の周囲だけが透明のエレベーターに変化し、空の上でも土の中でも、自由に昇り降りができる。, 四次元の世界を走る事ができる三輪車。目覚まし時計、温度計、カレンダー鉛筆削り付き。第1ボタンを押すと、匂いを嗅いで後を付ける事ができ、第3ボタンを押すと障害物も突き抜ける四次元の世界へ入れる。変速レバーを切り替えれば、ひと漕ぎで100mも進む事ができる。トップに入れれば、ジェット機並みの速度が出る。第5ボタンを押すと姿を表す事ができるが、故障すると四次元の世界から抜けられなくなる。, これを付けると4次元空間に入って、何にぶつかってもそのまま突き抜ける。ただし、これを貼り付けた者同士はぶつかる。, このペンで円を描くと、その部分がワープホールになり、行きたい場所に通じる。消しゴムで消すと元に戻る。, ・あれ。アニメやまんがで所々にスイッチ押さなくても起動してる描写があるんだが、、、, ・プロペラに増風ボードも付いているんじゃないの?例として「のび太と恐竜2006」ではタケコプターのプロペラが回り始めたとき砂が舞い上がったじゃん。.

ドラクエ ウォーク 有吉 引退 34, 豊島園 アフリカ館 事故 23, B'z バンドスコア ダイナソー 4, ボニータ 歌詞 Bim 11, 早稲田 ボート部 寮 5, 音頭 @ フリー音源 5, ロイヤルカナン 猫 満腹感サポート Clt 10, Tig 溶接棒 太さ 8, 工学部 学科 2ch 14, Wallpaper Engine Fps 4, ジュニアユース 神奈川 ランキング 9, マイクラ 蜂の巣 焚き火 17, Mio 意味 スペイン語 5, 割り算 筆算 やり方 10,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

× Speak to us now