ドラゴンズドグマ ダーク アリ ズン 魔法 特 化 6, Pubg Pc クイックチャット 34, Youtube 漫画動画 うざい 6, 三浦 春 馬 ホンマでっか 26, 夜間授乳 ライト ニトリ 21, スマイル ゼミ 終了 4, 久慈暁子 インスタ 服 7, 給水管 水漏れ 保険 4, ミズノプロ グローブ 重さ 4, ピアス 太さ 一般 4, Toeic Part3 4 問題集 10, 弓 シルソル テンプレ 31, すき る まドリル わり算 の 筆算 6, リフト アップラッシュ やり方 17, 便座 節電モード 冷たい 5, Conoha マイクラ ラグ 11, エルグランド シートアレンジ E51 4, ビックリマーク 標識 岩手 4, Python Csv 数値 10, 新しいタブで 画像を開く ショートカット 4, 魚 あら汁 栄養 30, キャリアコンサルタント 通信 大学 5, Cvt 添加剤 日産 6, Xperia Xz3 後継機 4, 0 歳児 月案:ねらい 15, アクリル板 Led 自作 テール 5, Nhk 受信料 相続放棄 4, 小学生 忘れ物 チェックシート 12, " />

巨人 外国人 ランキング 31

今村信貴(2019series2覚醒) ・球威型. 60. 2020/9/29 ダメ助っ人外国人ランキングの記事です!ダメ助っ人外国人を1位から10位のランキング形式で紹介しています。様々なダメ助っ人外国人が登場しますので、ダメ助っ人に興味がある方は、ぜひぜひ、読んでみてください! ‚éB, ƒ~[ƒgƒpƒ[‘–—̓I[ƒ‹B‚Ń~[ƒgŒ^BƒƒCƒ““K«‚̓Œƒtƒg‚¾‚ªAŒÀŠE“Ë”j‚È‚µ‚щƒCƒg‹N—p‚à‰Â”\Bƒ‰ƒCƒg“K«‚ÍB79‚Ȃ̂ŐV‹@”\g“ÁŽçh‚щƒCƒg“K«A‚É‚Å‚«‚éB, MLB’ÊŽZ1312ˆÀ‘Å‚ÌŽÀÑ‚ðŽ‚Â•‚ÁlŠO‘l‘IŽèB”\—Í‚Í’á‚ß‚¾‚ªÌ†‚Ń~[ƒgƒpƒ[“¯’l‚ª‘_‚¦‚é”\—́BƒƒCƒ“Žç”õ“K«‚ÍC‚Å•ß‹…ƒXƒ[ƒCƒ“ƒOEŒ¨—͂̓I[ƒ‹B‚Æ‚¢‚¤Žç”õ‚̈À’芴‚à–£—́B, ”\—Í‚Í’á‚ß‚¾‚ªAƒ~[ƒgEƒpƒ[‚Ì“¯’lB“¯’l‚È‚Ì‚Å, ƒ~[ƒgƒpƒ[‘–—Í‚Ì‘S‘Ì”\—Í‚Í’á‚¢‚ªAŒ»–ð•ßŽè‚Å‚Í’¿‚µ‚¢ƒ~[ƒgŒ^‚̕ߎèBÌ†‚Ń~[ƒgƒpƒ[‚Ì“¯’l‚à‘_‚¦‚éBŽç”õ—͂̍‚‚³‚ª–£—͂ŁAƒXƒ[ƒCƒ“ƒO84EŒ¨—ÍA88‚̓ŠƒAƒ^ƒC‚Å‚à‹ºˆÐB, ‘S‘Ì”\—Í‚Í•½–}‚Ń~[ƒgŒ^BÌ†‚Ń~[ƒgEƒpƒ[‚Ì“¯’l‚ðŒˆ‚ß‚é‚±‚Æ‚ª‚Å‚«‚ê‚Ή¿’l‚ª‚‚Ü‚éB’´3‚ŕߎè‹N—p‚à‰Â”\B, ‘ÅŒ‚”\—Í‚Í’á‚߂ŁA‘–—ÍB‚Ì‘–—ÍŒ^Bš4Ì†u“dŒõÎ‰Îv‚Å‘–—ÍA‚ª‰Â”\B‰ö‰ä–³‚­ƒtƒ‹ƒV[ƒYƒ“Œ©‚½‚¢‘IŽèB. プロ野球・年俸ランキング2020【top50】 1位 65000万円 菅野智之(巨人/投手) 2位 57000万円 柳田悠岐(ソフトバンク/外野手) 3位 50000万円 浅村栄斗(楽天/内野手) ガリクソン(2019series2外国人OB) ・制球とスタミナAのスタミナ型 ・称号でオールAにすることも可能 ・3球種というのは超変幻自在コンボにマイナス要素. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 「ふと思ったんだけど、助っ人外国人選手ってさ、全員が助っ人として活躍した訳じゃないじゃん?要は『ダメ助っ人外国人』みたいな選手ってどのくらい居たの?」, そうですね、残念ながら歴史に残った「ダメ助っ人外国人」は結構存在していました・・・, ただ、ダメ助っ人外国人というのは「期待通りの活躍をしなかった」というだけで無く「人として欠けている部分がある」と「内面的」な部分がダメな選手が多いと私は思います(汗), 内面が欠けているからといって、球史に残ってしまうような奇行を起こしてしまうダメ助っ人外国人を私は擁護することが出来ないので、今回は「怒り」の選手紹介になると思いますよ!!(怒), 「それいいじゃん!!俺は逆に面白そうだと思うし、その怒りを面白可笑しくに変えてやればいいから、とりあえず10人ぐらい紹介してよ(笑)」, ダメ助っ人外国人ファンのあなたのリクエストに応えて、今回はランキング形式で「1位~10位」の順で紹介していこうじゃありませんか!!!, では、不名誉であるダメ助っ人外国人の「第1位」を紹介していきますので、野球ファンのあなたも「こんな人間」にならないように気を付けてくださいね!!, ジョー・ペピトーンは1973年にヤクルトに入団しましたが「離婚裁判の為勝手に帰国」「アキレス腱を痛めて休場のはずなのにディスコで踊っている」「勝手に治療という名目で帰国」など、悪行三昧でした・・・, 契約の関係上ペピトーンの「2年目」が始まりますが、オープン戦になっても姿を見せず、ヤクルト側が連絡をすると「前年来日時の荷物輸送料金と犬の空輸料金」を請求してきたのです!!, ちなみにペピトーンの通算成績は「14試合出場、打率.163、1本、2打点」という「評価するに値しない」の結果でした・・・, プロ野球は「自営業」じゃないんですから、勝手に休んだり勝手に帰ったり勝手に遊んだりしたらどうなるかわかりますよね!?, ヤクルトのフロントも「ペピトーンの調査がてきとーだったのがバレるから、すぐに契約解除できない☆彡」みたいな考えがあったと私は思います!, ペピトーンのようなダメ助っ人外国人がいることによって、当時の貴重な外国人選手枠(2人)が無駄になっているんですからね!損害は大きかったと私はチームを代表して代弁してやりたいです!!, しかし、ヤクルトはペピトーンのようなジョーカーを引いて教訓を得たからこそ「ラミレス」「ペタジーニ」「バレンティン」などの優秀な助っ人を獲得することができ「神のご加護」があったと私は見ています。, マイク・グリーンウェルは、メジャー通算12年の打率が「.303」という阪神にとっては「希望の存在」でした。, 希望の存在に対する年俸は2年契約で「約3億6000万円」という、破格の金額であったことからグリーンウェルに対する期待は高りましたが、1997年5月11日の巨人戦で「自打球を食らい右足の甲を骨折」し・・・, 結局、7試合出場で「打率.231、0本、5打点」というしょーもない結果に終わりました(笑), 確かにメジャー通算打率「.303」という成績は凄いですが、グリーンウェルがその結果を出せるような状態だったのか調査しなかったんですかね、阪神のスカウトは。, また、星野仙一が「彼は日本でゴルフがしたいだけだ」と発言していたので、プロ野球に対する思い入れは「相当」低かったと私は見ています(汗), こういったグリーンウェルの内面を見抜けなかった阪神側にも「責任」はあると思いますし「今年こそは優勝や!!」とご機嫌だった阪神ファンを騙す形になってしまったのですからね!, 阪神と違い、身内(家族)を大切にしていたダメ助っ人外国人が居たのですが「第3位」にランクインさせました!, ドン・マネーはメジャーで16年間活躍し、引退後はのんびりと家族と暮らす予定だったのですが、そこに近鉄のスカウトが「2年契約の約2億2000万円、住居付き」という条件を提示しました!, マネーはこの契約に「合意」した後1984年家族と共に来日して、近鉄に入団しました!, しかし、球団が提供した住居が「かなりのボロ家」で「ゴキブリが大量に出る」などの劣悪な環境だったのです(悲), そして、来日して間もなく「マネーを含む家族全員がホームシック」にかかってしまい、とても日本で生活していける状態ではなくなってしまいました(泣), このことをマネーは球団に伝え「球団に責任は全くない。私の責任だ。」という言葉と「29試合出場、打率.260、8本、23打点」という成績を残して近鉄を退団しました・・・, この一連の騒動について「近鉄側の待遇も良くなかったんじゃね?」という疑問が出始め、マネーを擁護する意見も出てきていますが、私は・・・, 2億2000万円という大金で近鉄と契約したんですから、いくら家にゴキブリが出てようが家族がホームシックになろうが、とにかく近鉄の為に野球に専念するべきです!, 家にゴキブリが出れば引っ越せばいいだけですし、家族だって「マネーの単身赴任」という手段を取れば、少なくとも「家族全員」がホームシックにかからなかったのではないかと私は見ています!, 家族と来日したところを見ると「一種の家族旅行」で来たんじゃないかと、私は思いました!, マネーと言えば日本語で「お金」ですが、今度はその金勘定に誤りがあった選手を「第4位」としてご紹介しますね。, 入団前はメジャーで「本塁打王」「打点王」に輝いた強打者でしたが、私生活では「犯罪まがい」のトラブルを起こしていると噂されていました・・・(怪しい), そんな不安をよそに、ミッチェルは「開幕初打席満塁本塁打」を達成し、上記のような不安は取り除かれました!, しかし、1995年5月と8月にケガによる2度の「無断帰国」を行い、ダイエーからクビを宣告され「37試合出場、打率.300、8本、28打点」と将来性のある成績を残したのですが、二度と日本には戻ってきませんでした・・・, これもあれですよ、球団スカウトがいくらメジャーで活躍したからといって「プロ野球に馴染むことが出来るのか?」という判断を軽く見ているとしか思えないですねぇ。, ミッチェルは「喧嘩、流血、窃盗、何でもありのところで生き抜いてきたんだぜ!」と発言していたらしいので、ミッチェルの居場所は「アメリカ」しかない、ということがわかりますよね?, ダイエーは4億円も払って「猛獣」と契約してしまったので、ダイエーの経営危機に追い打ちをかけてしまったと私は見ています(笑), 当時のダイエー監督「王貞治」も、ミッチェルの扱いには困ったと思いますが、巨人時代にも同じようなことがありましたね・・・, トマソンの売りは上記のように長打でしたが1年目の成績は「打率.261、20本、50打点」とイマイチな結果でした・・・, 特に三振数が多かったトマソンは、1年目「132個」でダントツ1位(2位が90個)の結果を出してしまいました(苦笑), この結果にマスコミがこぞって反応し「人間扇風機」「トマ損」「害人」などと罵詈雑言を受けることになってしまいました(悲), それを打開しようと、当時の「王監督補佐」がミッチェルに打撃指導をしましたが、それでも代打要員となり、成績は改善されずその年でクビになりました・・・, なんでしょうね、トマソンのパターンは「根拠のない自信」がマスコミの癇に障ったのでしょう(笑), その自信は上記の「40本打てる」から始まり、巨人退団後には「巨人が優勝出来なかったのはオレを使わなかったからだ!」, と「代打要員が何を言うんだ!」というのような発言があったので、マスコミもミッチェル叩きを始めたと私は思いました(汗), 凄く悪い成績ではなかったトマソンは、マスコミに嫌われるような態度だった為「人間扇風機」などと言われ、「トマソンってダメ助っ人外国人じゃね?」という印象を多くの野球ファンに植え付けられたのでしょう(泣), 残りの5選手は、マスコミの情報操作による「ダメ助っ人外国人」ではないと思いますので、安心してみてくださいね(笑顔), サヨナラ暴投を起こし、約2ヶ月でヤクルトからクビにされてしまい、球団記録の最短解雇記録を達成します(苦笑), 当時の野村監督とそりが合わず、しかも「約2億円」という高年俸に見合っていない成績だったので、夏場に解雇されました・・・, だから、メジャーで活躍していたからといって、プロ野球で活躍する保証はないですよ阪神!, 「アメリカで、カウント0-2から待てというサインは絶対出ない。俺はメジャーリーガーだ!」と監督に訴えてしまい、溝ができ、クビになりました。, それなりに活躍していたので、問題は「性格」だけだったのが非常に悔やまれますね・・・, という環境面での不満があり、3年間で総額15億円というヤクルトとの契約を蹴ってしまいました!, 日本人と外国人の意思の疎通はまだまだ先か「未来永劫」無いのかもしれませんね・・・(儚い), 1位から10位までが「精神的に不安のある」選手ばかりでしたが、中には活躍する可能性があった選手もいたので、助っ人外国人の扱いは本当に難しいですね。, でも、今回ランクインした選手は仮にも「プロ野球」との契約を成立させている「超エリート」ですからね(汗), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 来シーズンに向けて、巨人は着々と補強をしていますが、まだ外国人選手の補強が完全に終わっていません。, 退団をするのか、それとも引き続き巨人に残るのか分かりませんが、とりあえず2016年のシーズンで、どのくらい外国人選手が活躍したのかをチェックしたいと思います。, 当たり外れが極端になったような2016年シーズンなので、2017年シーズンは、今年活躍した外国人選手は、引き続き活躍してもらましょう。, 2016年のマシソン投手(右投)は、ここ数年で一番と言って良いくらい、安定した投球をしてくれました。, 登場する場面が違うので、一概には言えませんが、澤村投手が投球回数64(1/3)で防御率が2.66に対して、マシソン投手は80回で2.36。, 特に、クライマックスシリーズでのマシソン投手は、このまま抑えに転向しても良いんじゃないかと思う投球でした。, 2016年で一番に活躍した外国人選手は、明らかにマシソン投手なので、ベスト1位に決定です。, ぜひ、2017年シーズンも今シーズン同様に、ビシっとセットアッパーとして期待しています。, ガブリエル投手(左投)は、1989年生まれの27歳(2016年現在)で、2016年6月9日のシーズンの途中に支配下登録された選手。, 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで、9試合で7勝1敗、防御率1.31で活躍していたそうです。, 巨人の公式サイトでは、2016年シーズンの成績が1軍、2軍ともに掲載されていないので、実践デビューはしていない模様。, 開いている背番号が、なかったからでしょうが、なんでガブリエル投手に、そこそこ良い背番号28番なんて与えちゃったのかな?, 2016年のマイコラス投手(右投)は、ケガもあり1年間フルにシーズンで、登板することができなかったのは痛かった。, マイクラス投手が投げないと、美人の奥さんも見られないから、おじさま方もガッカリだったはず。, もともと、イライラしやすい投手だと思っていたが、2016年のシーズンは、小林捕手に文句を言っているシーンが取り上がられていたので、2017年はもう少し落ち着いて欲しい。, 2015年が13勝3敗だったのに対して、2016年はケガもあり4勝2敗だったので、2017年は万全にしてシーズンを迎えて欲しいです。, 今シーズンに関しては、マイコラス投手はワースト1位ではないけど、期待を裏切ったことには違いありません。, ポレダ投手(左投)は、いつの間にかケガをして、そのままシーズンが終わってしまった感じです。, 自分のイメージでポレダ投手は球数が多くて、5回か6回ぐらいまでしか持たないから、来シーズンも契約するのか分からないけど、退団で良いのでは?, 今シーズンの成績を見る限り、どう考えてもポレダ投手の場合は、ワースト1位の有力候補。, ちなみに、2016年シーズンの年俸は、1億5600万円だったそうで、どう見ても給料ドロボーです。, 2016年は、1軍で3試合、2軍で28試合に登板するも、特に目立って成績を残せず今シーズンを持って戦力外。, ちなみに、行方不明になり他国へ亡命したとの情報があるが、これを期に、今後はキューバからの選手と一人も獲得してはダメだと実感。, 結局、キューバの選手が何人か巨人へ来たけど、なんの役にも立たないまま、みんないなくなりましたね。, これにて、巨人とキューバの関係は終了で、メンドーサ投手はワースト1位の候補の一人です。, クルーズ内野手(右投右打)は、ロッテから獲得した巨人の課題になっていた二塁手で、かなり期待されていたはず。, でも、結果は知っての通り、大失敗とまでは行かないけど、期待を裏切る結果になってしまいました。, クライマックスシリーズでは、練習態度が問題視されて、選手登録すらされずに終わり、手放したロッテが正解だったのかもと思ってしまう。, 2017年シーズンは、今年よりもさらにセカンドのレギュラー争いが熾烈になるので、もしかしたら、2軍暮らしになる可能性もありそう。, 期待度で言ったら大ハズレだけど、巨人の外国人全体で見れば、ワースト1位ではないけど、当然ベスト1位でもありません。, ギャレット外野手(左投左打)は、一塁手で獲得したはずだったのが、阿部選手との兼ね合いもあり、最終的にはレフトを守る外野手で今シーズンを終えました。, ホームランは、村田選手に次ぐチーム2番目の24本で、期待に応えてくれたけど、打率は258だったのはいただけません。, 特に、左投手のとき、全く打てなかったと思うのと、勝負強い打者のイメージがなかったので、あまり勝利に貢献したイメージがありません。, レフトを守っていて、左投手にめっぽう弱い、まるで元巨人・清水隆行選手のようですね。, ホームラン数ではアタリだけど、勝利に貢献しているかと言われたら、ギャレット外野手の場合、ややグッドぐらいでしょうか。, 2014年に、西武ライオンズでプレーしていたアブレイユ外野手(右投右打)を育成選手として獲得し、そのあと支配下登録をして背番号を33番にしました。, 33番は、長嶋終身名誉監督や江藤選手が付けていた背番号なので、かなり期待されていたと思うのですが、1軍での出場のないまま、2016年シーズンで退団が決定。, どんな選手か全く分からないので、2軍での記録を見ただけですが、わずか42打席しか記録がないので、試合で使えるレベルの選手ではなかったのでしょうね。, 成績を見ればワースト1位の候補ですが、育成で獲得してから支配下登録をされたので、もともと大きな期待をしていた訳ではないはず。, アンダーソン外野手(左投左打)は、ケガに悩まされながら2016年のシーズンが終わってしまいました。, 今シーズンは、クルーズ内野手、ギャレット外野手の2人が加入して、外国人枠の争いが激化していたので、ケガをしたのが痛かったですね。, 思いっきりバットを振り回す選手だったので、見ていて面白かったのですが、確実性がもう少しあれば、成績が違ったのかもしれません。, アンダーソン外野手の期待値は、クルーズ内野手、ギャレット外野手の次ぐらいだったと思うので、ワースト1位はちょっと可哀想かな。, 他にも、キューバからホセ・ガルシア外野手がいましたが、シーズンの途中で解雇して、そのまま行方不明になったそうです。, 断トツのベスト1位は、すでに発表しているマシソン投手なので、2016年シーズンも、引き続き巨人の勝利に貢献してくれることを願います。, 真逆の巨人に全く貢献していないワースト1位は、年俸の件も踏まえて、ポレダ投手に決定です。, 1億5600万円の年俸をもらい、1勝3敗では誰がなんと言おうと給料ドロボーでしかありません。, 仮に2017年シーズンも契約をするなら、今シーズンの分を年俸を補うためにも、1/3くらいに減額です。, 年俸や期待値を含まない場合は、キューバから来たメンドーサ投手、アブレイユ外野手、ガルシア外野手の3名が同時にワースト1位。, 2016年シーズンを持って、これからは絶対にキューバからの選手を、補強しない方向でお願いしたいです。, 2017年は、どんな外国人選手を補強するのかまだ分かりませんが、1年後には獲得して良かったと思える選手を見つけて来て欲しいです。, 競馬を本格的に始めたのは中学生の頃で、記憶に残っているのはミホノブルボンが勝った朝日杯3歳ステークスからです。かれこれ25年以上も競馬ファンとして活動してますが、馬券の方は歳を重ねても上手になりませんね。, 澤村投手は、2016年のセーブ王だけど、頻繁に炎上しているイメージがあるので、2017年の出来次第では、マシソン投手をクローザーに変えても良いのでは?, 外国人投手にケガ人が出たので、急遽、補強した選手だったのでしょうが、1年で結果が出なければ、クビになってしまうのも、仕方がありませんね。, 助っ人の外国人選手のケガはかなり痛手です。来シーズンはケガのないように、それとイライラしないようにお願いします。, 年俸を抑えられたらポレダ投手と契約をするかもしれないけど、まだケガも治っていないみたいだから、このまま退団の可能性が高そうです。, ロッテ時代の成績を見ると、打率、長打率、出塁率は、ほぼ同じなんです。と言うことは、ケガで離脱したことを除けば、2016年の成績は妥当だったのかも。, ギャレット外野手は、左投手が苦手過ぎ。あと、好不調の波が激しいのも、困ります。今のままだと、2017年は、清水隆行選手のように、右投手専用の選手になりそう。, 支配下登録をしたのに、わずか2軍で42打席とは、アブレイユ外野手をなんで獲得したのでしょうか?, アンダーソン外野手は、ケガがなければと思うことあるけど、ギャレット選手がいたので、守備の面を考えても、もともと出番は少なかったでしょうね。, 現状だと、2017年も残るのは、マシソン投手、マイコラス投手、クルーズ内野手、ギャレット外野手の4人。投手は良いとして、内外野手は、もっと打てる選手を獲得して欲しいです。, 2016年の今年も、戦力外通告を発表される季節になりました。巨人はすでに、17人の戦力外通告を行ったのですが、ちょっと驚きの選手の名前がありました。17人の選手へ戦力外通告をした言うことは、ド, 2017年のドラフト1位の目玉である清宮幸太郎選手。何球団が2017年のドラフト1位で清宮幸太郎選手を指名するか分かりませんが、うわさでは巨人も指名すると言われています。でも、本当に巨人は清宮幸太郎選手をドラフト1位で指名するのでしょうか?そこで自分なりに予想をしてみました。, 2018年10月3日、高橋由伸監督が、まさかの辞任。自分は、アンチ由伸なので、辞任したことに、一定の評価をしてますが、問題なのは、次期監督。そこで、去年に続き、再び来季の監督が、誰になるのか、よく熟考して、予想しました。やはり有力候補は、あの人でしょうね。, 2017年の巨人は、11年ぶりのBクラスでシーズンを終えました。シーズン前は、優勝すると思っていたのに、まさかBクラスで終わるとは、巨人ファンとして情けない。そこで、巨人がBクラスになった戦犯と、来季に向けて期待できる選手をご紹介します。戦犯はやはり、あのコーチですよね。, 2017WBCが開幕しましたが、もし侍ジャパンが優勝をできなかった場合、どんな理由になるか考えました。かなり不謹慎な内容だけど、侍ジャパンが優勝をできなかった場合の理由を考えたら、2017WBCで優勝するのは厳しいような気がしてきます。果たして侍ジャパンは2017WBCで優勝できるのでしょうか?, 2016年中に巨人はFAで獲得しそうな選手をランキングでご紹介するのですが、当初は5人くらいを予定していましたが、ある程度、残留や移籍先が分かっている選手がいるので、3選手だけのご紹介です。でも、この3選手の中で、2選手は巨人が2016年中に、FAで獲得をすると思いますよ。, 巨人の山口俊投手が、傷害と器物損壊の疑いで書類送検された事件は、東京地検の不起訴処分で幕を閉じました。でも、このまま来季も山口俊投手は巨人にいられるのでしょうか。そこで山口俊投手が2018年にどこで投げるかを予想します。もしかしたら、あのチームで投げているかも。, 広岡達朗氏が週刊ポストで「大田泰示の放出は巨人の恥」と言いました。確かに大田泰示選手をトレードへ出したことに問題あるけど、本当に「巨人の恥」とまで言えるのでしょうか。そこで大田泰示選手の成績を調べてトレードへ出したことが本当に「巨人の恥」なのかを検証します。. ジョンソン、クロマティ、グリーンウェルからアダム・ジョーンズまで、日本球界を彩った「大物外国人選手」あれこれ!, NPBには毎年多くの外国人選手がやってくる。日本でプレーした外国人選手はすでに1000人を超えている。中にはMLBでも実績を残した大物選手もいるが、そうした大物が日本ですべて大活躍するわけではない。これが野球の面白いところだ。, 70年ほど前まで、NPBとMLBの実力差は非常に大きかった。1949年来日したサンフランシスコ・シールズはメジャーではなくマイナーチームだったが、日本代表などに6戦全勝と圧勝した。1953年毎日に入団したレオ・カイリーは横須賀基地所属の米軍兵士で、レッドソックスで1シーズンだけ投げた駆け出しのメジャーリーガーだった。アルバイトで日本のプロ野球でプレーしたが、投げては6試合6勝、防御率1.80、打っては19打数10安打。日本のプロ野球を子ども扱いした。, 1962年、中日に大物外国人選手が2人も入団した。ジャッキー・ロビンソンに次ぐ2人目の黒人大リーガーとなった外野手のラリー・ドビーと、MLB通算149勝投手のドン・ニューカムだ。超大物2人の来日に当時の大リーグファンは驚いたが、実はドビーは引退して3年目、ニューカムも2年目だった。39歳のドビーは10本塁打35打点、打率.225、40歳のニューカムは投手としては1試合に登板しただけ、打者として12本塁打43打点、打率.262だった。ドビーは1998年にアメリカ野球殿堂入り。来日外国人としては唯一の記録だ。, ディック・スチュアートは1963年レッドソックス時代に打点王。しかし一塁守備のまずさで有名で「奴の指は全部親指だ」など酷評され、打球の処理をするだけで拍手が起こった。1967年に大洋に入団し33本塁打。しかし一塁守備はリーグ最多の19失策。2年で退団した。, 1965年カブス時代にMVPをとったゾイロ・ベルサイエスは1972年に広島でプレー。広島にとって実質的に初めての外国人選手で大いに期待されたが、4本塁打10打点、打率.189に終わり、ファンをがっかりさせた。, 大洋は優秀な外国人選手を獲得するチームだが、1972年にはヤンキース、ブレーブスの正三塁手だったクリート・ボイヤーを獲得。華麗な守備で日本でも活躍し、MLBでゴールドグラブ、NPBでダイヤモンドグラブを獲得した最初の選手となった。人格も素晴らしく、引退後は大洋のコーチも務めた。, そのボイヤーのヤンキース時代のチームメイトで、一時は「ミッキー・マントルの後継者」とまで言われたジョー・ペピトーンは1973年にヤクルトに入団。しかしアメリカ時代から素行の悪さで有名で、わずか14試合で退団。帰国してから日本野球についてこきおろすなど、悪評をまき散らした。, 1974年には、ワシントン・セネタースで2度本塁打王になったフランク・ハワードが太平洋に入団。2m115㎏の巨体。前評判は素晴らしく漫画「あぶさん」では、景浦安武とホームランの競演をするシーンが描かれたが、実際には開幕戦でひざを痛めて途中退場。そのまま退団した。成績は1試合2打数0安打だった。, 長嶋茂雄が引退した巨人は、1975年、73年にブレーブスで二塁手として当時のMLB最多本塁打である43本を記録したデービー・ジョンソンを獲得。大いに期待されたが、1年目は日本投手に適応できず13本塁打38打点、打率.197に終わる。史上初の巨人最下位の元凶の一人とされ「ジョン損」と酷評された。, 1976年、巨人に入団したクライド・ライトはMLB通算100勝、1970年には22勝した大物投手。巨人でもローテーションを維持し、77年には11勝したが、審判や選手との喧嘩が絶えず、ユニフォームを引きちぎったりしたため「クレージーライト」と言われた。, 1977年に中日に入団したウィリー・デービスは来日時点でメジャー通算2547安打と抜群の成績。中日では5月14日の巨人戦で「ランニング満塁本塁打」を記録し、ファンの度肝を抜いた。しかし首脳陣とのトラブルが絶えず、翌年はクラウンに。しかしここでもトラブルが絶えず2年で退団した。, 期待を裏切る大物外国人が続出したこともあり、この時期には「害人」という言葉が広まるようになった。一方でメジャー経験のないロベルト・マルカーノ(阪急)などが大活躍したこともあり、MLBでの実績は当てにならないという見方も定着した。, そんな中で「さすが」というプレーを見せたのが、巨人のロイ・ホワイトとレジー・スミスだ。, 1980年に来日したホワイトはヤンキースで中軸打者として活躍。オールスターにも2度出場。巨人でも主軸打者として活躍。ヤンキース、巨人両方で4番を務めた。気品ある振る舞いでも日本選手の手本となった。, 1983年入団のレジー・スミスはレッドソックス、ドジャースなどで2020安打、314本塁打。巨人でも中軸を打ち83年に28本塁打。勝負強さで貢献した。, 1984年に巨人に入団したウォーレン・クロマティは少し特殊なケース。エキスポズでは3割をマークするなど10年で1104安打。一線で活躍していたが、FAとなってMLB球団ではなく巨人を選んだ。31歳の働き盛り。巨人では.350以上を2回記録するなど「史上最高の外国人選手」と言われる活躍をした。

ドラゴンズドグマ ダーク アリ ズン 魔法 特 化 6, Pubg Pc クイックチャット 34, Youtube 漫画動画 うざい 6, 三浦 春 馬 ホンマでっか 26, 夜間授乳 ライト ニトリ 21, スマイル ゼミ 終了 4, 久慈暁子 インスタ 服 7, 給水管 水漏れ 保険 4, ミズノプロ グローブ 重さ 4, ピアス 太さ 一般 4, Toeic Part3 4 問題集 10, 弓 シルソル テンプレ 31, すき る まドリル わり算 の 筆算 6, リフト アップラッシュ やり方 17, 便座 節電モード 冷たい 5, Conoha マイクラ ラグ 11, エルグランド シートアレンジ E51 4, ビックリマーク 標識 岩手 4, Python Csv 数値 10, 新しいタブで 画像を開く ショートカット 4, 魚 あら汁 栄養 30, キャリアコンサルタント 通信 大学 5, Cvt 添加剤 日産 6, Xperia Xz3 後継機 4, 0 歳児 月案:ねらい 15, アクリル板 Led 自作 テール 5, Nhk 受信料 相続放棄 4, 小学生 忘れ物 チェックシート 12,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

× Speak to us now