クリスタ 書き出し設定 出てこない, Onedrive For Business アクセス制限, 幼稚園 インターナショナルスクール メリット, マイクラ 村人 就職しない バグ, Ae コンポジション 変形, プロ野球 ホームラン王 2020, 一蘭 広島 クーポン, 札幌 漫画 イベント, " />

m5 フェアウェイ ウッド ロフト調整 10

www.taylormadegolf.eu uses cookies in order to improve the experience for our users. 790, the all-new P•770 delivers distance and forgiveness in a smaller package. テーラーメイドの2020年新製品のSIMドライバー。 カッコよさに惹かれて思わず購入! 色使いとかこの独特なカタチとかカッコいいですよね! なんかクールで好きです。 それにSLDRドライ ... 先日遂に発表されたテーラーメイドの新ドライバー。 数年続いたMシリーズではなく「SIM」シリーズと名前を変えて登場しましたね。 なんでも今回の開発コンセプトは「空力」だとか。スイング中の空気抵抗を減ら ... テーラーメイドの2019年モデル「M5」「M6」シリーズが年明けからマークダウンされました。 全国のショップでドライバーを始めフェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンの各モデルが、半 ... M5 ドライバー Diamana DF60   アメリカのプロの間で使用率の高いテーラーメイドM5ドライバー。 あのマスターズ優勝のタイガーウッズも使っているテーラーメイドM5ドライバー。 ... 今シーズン、セカンドOBの不安を解消するべく投入したテーラーメイドM5フェアウェイウッド。 先日M5投入後2回目のラウンドをしてきました。 で! 出ました!!!   ぶっ飛びの 237y!! ... 去年ずっと病んでいたフェアウェイウッド。 メインで使っていたヤマハのRMXはそれなりに良かったけど、コースに出ると右へのスッポぬけが出てセカンドOBの刑にあうこと多数。 ドライバーからの ... 11月に入り、寒い日が増えぼちぼち今年のゴルフシーズンも終盤になってきました。 冬から始めたスイング改造も、やっとなんとか形というか、自分に合っていると思われるスイングが見えてきました。 春に投入した ... テーラーメイドM3ドライバーに搭載のYトラックポジジョン。 これ、使ってみるとわかるけど、ウェイトの位置によってインバクト音がかなり変化します。 そこで、簡易的だけど音の違いを動画にしてみました。 へ ... 先日試打したテーラーメイドM3ドライバー。 いろいろ考えたけど結局我慢できず買ってしまいました! ショップで使わないクラブを下取りにだしたり、店員さんにいろいろ交渉してどうにか捻出できる ... 今年のドライバーで大人気のテーラーメイドのM3・M4。 先日、いつもの練習場で試打会があったので改めて試打してきました。   まずはM3ドライバー9.5度。 シャフトはスピーダ661エボ I ... ゴルフ雑誌ワッグルGOLFのyoutubeチャンネルで、クラブフィッターの鹿又さんとアマチュアゴルファーが、大人気テーラーメイドM3・M4ドライバーの新テクノロジー「ツイストフェース」の ... ゴルフ情報誌ALBA2月22日号に、ツイストフェースで話題集中のテーラーメイドM3・M4ドライバーの弾道チェックが特集されています。 M3ドライバーは、前作のM1とのトラックボジション別の比較で、 ノ ... ツイストフェースで話題のテーラーメイドM3・M4ドライバー。 プロゴルファーの関雅史氏、クラブフィッターの鹿又芳典氏、ゴルフライターの鶴原弘高氏の3人が、軽快なトークで最新のゴルフクラブやトレンドを語 ... -ギア情報, クラブ試打 メインで使っていたヤマハのRMXはそれなりに良かったけど、コースに出ると右へのスッポぬけが出てセカンドOBの刑にあうこと多数。, ドライバーからのつながりが悪いのかと思い鉛を貼ったてみたけど、アレコレやっているうちに貼り過ぎてしまいEバランスのクラブになってしまったり、、、。, 去年の秋から今年にかけて発売されたタイトリストのTS2フェアウェイメタルや本間のTW-747FW、キャロウェイのEPIC FRSHサブゼロといろいろ試打してきて、悩みに悩んで選んだのがテーラーメイドM5 フェアウェイウッド。, 試打した中では一番スムーズに打てたのとドライバーがテーラーメイドM3なので同ブランドで繋がりも良いかと思い決定。, このテーラーメイドM5 フェアウェイウッド、一見すると小顔でアスリート向けの匂いがしますが、実際打ってみるとこれがなかなか凄いんです!, 巷ではM6フェアウェイウッドの方が人気があるらしいですが、せっかく買った機能てんこ盛りのM5 フェアウェイウッドを僕なりにレビューしてみます。, テーラーメイドのM3ドライバーやM4ドライバー、最近ではMグローレドライバーにも搭載され、ミスショットもナイスショットに変えると話題のテクノロジー「ツイストフェース」が遂にフェアウェイウッドにも搭載されました。, ツイストフェースはフェアウェイウッド用に最適化され、正確なショットと距離が要求されるロングのセカンドや、ドライバーをミスしたときの挽回クラブとして、しっかり活躍してくれます。, コースで打つと曲がらないのは実感できますし、前のクラブの感覚で右に抜けたと思った打球もツイストフェースでしっかり補正して戻ってきます。, 芝から直接打つフェアウェイウッドは、ある意味ドライバーよりも難しいクラブと言われていますが、M5フェアウェイウッドはツイストフェースのおかげで安心して打てます。, フェースを見ても捻れているのはわかりませんが、ツイストフェースの効果は確実に現れています。, テーラーメイドM5 フェアウェイウッドはドライバーと同じチタンヘッド採用で徹底した軽量化を実現しています。, チタンヘッドで浮いた重量は後述するスライディング・ウェイトに用いて低重心化をはかっています。, チタンヘッドのおかげか打感が柔らかめなんだけど適度な弾き感もあり、打音も落ち着きのある音でなかなかの好感触です。, M5フェアウェイウッドもカーボンクラウンを採用していますが、他のカーボンクラウンのクラブにありがちなこもった音ではなく、気持ちの良い音がします。, 購入を決定づけたのがこれ。テーラーメイドM5 フェアウェイウッドだけに搭載されたスライディング・ウェイト。, さすがに65gもあるだけあって、スライディングしたときのクラブと弾道の変化量が凄いです。, ちょっと動かしただけで明らかに振り感が変わりますし、弾道もフェードよりならフェード、ドローよりならドローと目に見えて変化します。, スライディングで65gもの塊が移動するにもかかわらず、重心高を変えること無く重心距離だけ変えるというスグレモノ。, このスライディング・ウェイトはやはりチタンヘッドでの軽量化があって初めて実現した素晴らしいウェイトだと思います。, テーラーメイドおなじみのロフト角調整機能、いわゆるカチャカチャも搭載されています。, M6フェアウェイウッドや他のブランドのFWに比べて、顔は小顔なので難しそうなイメージがありましたが、, とても打ちやすく、飛ばそうとか高い球を打とうとか意識しなくても普通にスイングすればオートマチックに高弾道の球が出ます。, しかも軽く打っても200ヤードを超える飛距離性能をもっているので、ロングのセカンドがとても楽になりました。, 僕はコースに出ると練習場と比較して全体的に弾道が低くなるのですが、M5フェアウェイウッドはコースでも少し高めの中弾道程度で飛んでくれるので、気負うこと無く打てました。, 前作のM3フェアウェイウッドは塊感が強く全く打てなかったのですが、低重心化のおかげかとても打ちやすいクラブになりました。, 今回のM5フェアウェイウッドは、フェアウェイウッド初のツイストフェース採用に始まり、チタンヘッド&カーボンクラウン、65gものスイング・ウェイト搭載など、様々な機能がてんこ盛りのクラブになりました。, なので、いろいろカチャカチャしながらクラブをいじりたい人にはうってつけのクラブです。, 小顔なので好みが分かれるところですが、アスリートゴルファーでなくてもやさしいフェアウェイウッドだと思います。, スイングの感覚としては、M3よりもヘッドは軽く感じ、一瞬軽すぎるかなと思ったのですが、ダウンスイングではヘッドがスッと降りてきて、変に意識しなくてもきれいに球を捉えてくれます。, 今までいろいろ悩んできたフェアウェイウッドですが、当面はM5フェアウェイウッドが良き相棒になりそうです。. ≫ M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説【調整例の基本5種+おすすめ2種】, M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説【調整例の基本5種+おすすめ2種】. Copyright© 今回は、テーラーメイド「M5」のFW(フェアウェイウッド)の3番に限定してじっくり試打させてもらいました。シリーズが発表になったときに一度打たせてはもらったのですが、本稿はシャフトバリエーションも含めてのレポートになります。, テーラーメイドはFW作りに定評あるメーカーで、過去に多くの「名器」と呼ばれる大ヒットモデルを世に送り出しています。「ファイヤーソール」、「Vスチール」、「RBZ」などいまだに中古ショップなどで値崩れしていないモデルもあり、それらをなかなか手放せないというトップアマの方も多くいます。, 2019年に発表された「M5」シリーズは、弾道調節機能を搭載したアスリートモデル。ご存知今年のメジャートーナメント「マスターズ」を制したタイガー・ウッズがM5のウッド類を使用しています(1Wと3W)。自身のパフォーマンスを最大限に発揮できるよう細かな調整ができるように設計されており、今回試打するFWにも、ネックはもちろんソールにも弾道調整機能が搭載されるという、かなり凝った作りになっています。, 今回打つのはM5の3番ウッドのみ、5番ウッドはロフト角があるので、比較的どんなゴルファーでも使えますが、3番はモデルによってはかなり使い手が左右される番手ですので、あえて3番だけでどんな性能か検証してみたいと思います。, ソール中央のプレート「スライディング・ウェート」がネジで脱着でき、固定する位置を変えることでヘッドの返りやすさを調整することができます, ドライバーと同じく、シルバーとカーボンブラックのツートーン仕上げ。個人的にはかっこいいと思います。ヘッドサイズは現代のFW全般と比較すると、小ぶりで引き締まった印象。ミスの傾向に合わせてフェースを湾曲させるツイストフェーステクノロジーを採用していて、トゥ側がやや逃げているように見えます。左に行く印象が希薄でアスリートに好まれる作りです, 海外ブランドのFWとしては異例のチタン素材を採用したフェース。クラウンのカーボン、ソールの可変ウェイト、そしてチタンのボディにチタンフェースと、現在のテクノロジーをすべて詰め込んだような贅沢なFWになっています, ヘッド後部が下がったシャローバックデザインですが、球質は、ライナー性の低スピン弾道で、打ち出し角はロフトなりといったところ。球が上がりやすいモデルではないですね, 打ってみると、とてもコントロールしやすいヘッドです。つかまりはニュートラルで適度な操作性を持ち、狙ったところに打ち出しやすいですね。打感は、重めの感触を伝えながらも弾き感のある気持ちいいもの。打ちごたえがある気持ちよさです。, 次にウェートを動かしてみました。ノーマルのほか、ドローとフェードの全3ポジションが用意されています。, まずはドローポジションにして打ってみました。ドローという表現が使われているのでつかまるといった印象を与えますが、個人的には「操作性が向上したな」というのが率直な感想です。あえて曲げて攻めたり、自分でスイングを調整して弾道方向を一定にしたいといった考えを持つゴルファーにはこのポジションはいいですね。, 反対のフェードポジションはというと、スイング中にヘッドを重く感じるくらい操作性がマイルドになりますね。とにかく曲げたくないという方にはいいと思いますが、ほかのポジションと比べて、フェースをスクェアに戻すのにちょっと意識しないと右に出てしまうかもしれません。, 「KUROKAGE TM5 2019」は純正仕様で、中間からやや手元寄りがしなるシャフト。しなり量は比較的大きいですね。ヘッドが操作性を重視した比較的ハードな仕様ですが、このシャフトですとスピンを少し増やしてくれるのでボールも上がりやすくなり、難易度をやや下げてくれる印象があります。シビアなコントロールは受け付けてくれないながらもまずまずの操作性があって扱いやすかったです。, 「ツアーAD VR-6」はメーカー純正カスタムで、粘る挙動を持ちつつ弾き感のあるシャフト。ヘッドとのマッチングはとても良好で、強振してもスピンが増えにくく、操作性もじゃましません。パワーのある人ほど飛距離が出る組み合わせですね。正直私は、ドライバーではこのシャフトはハードで手に負えなかったのですが、FWとの組み合わせはとてもいい印象を持ちました。操作しやすく、ミートしやすかったです。ただパワーは足りないので高さは出ませんでしたけどね。, KUROKAGE:ニュートラルなヘッド特性をじゃましないシャフトとの組み合わせで狙ったところに打ち出しやすかったです。しなりが大きめのためスピンが少し多めですが、飛距離は十分。欲を言えばもう少し高さが欲しいので、ネックの弾道調整機能でもう少しロフトを付けてもよかったですね, VR-6S:打ち出しはKUROKAGEと同じですが、スピン量が全然違いますね。実際にはもっと飛距離差は出ていると思います。風に強いドライバーのような弾道でした, ヘッド性能は間違いなく結果を求める上級者用。3Wでもあわよくばグリーンを狙っていきたいといった方にピッタリの高性能モデルでした。ニュートラルな特性は、どんなゴルファーにも合うでしょうし、シャフト選びや弾道調整機能を駆使すれば、より自分好みのクラブに染められると思います。, 今回は打ちませんでしたが、5Wならパワーのない人でも“低スピンで飛ばせるFW”として使えると思いますので、試す価値はあると思います。スライス持ちの方でもスピンは少ないので飛ばせる可能性はありますが、3Wではなくロフトの多い5Wがいいですね。3Wは多少ボールをつかまえる技術を持った人でないと厳しいでしょう。, ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。

クリスタ 書き出し設定 出てこない, Onedrive For Business アクセス制限, 幼稚園 インターナショナルスクール メリット, マイクラ 村人 就職しない バグ, Ae コンポジション 変形, プロ野球 ホームラン王 2020, 一蘭 広島 クーポン, 札幌 漫画 イベント,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

× Speak to us now